不動産に相談できる

不動産に条件を伝える

不動産を購入する際の住宅ローン

不動産は、一般的な商品と比べて、かなり高額な買い物となるので、ほとんどの人が住宅ローンを組んで購入することになります。銀行が提供する住宅ローンには固定金利と変動金利のタイプがあり、固定金利の場合、金利の割合は高めとなりますが、将来にわたって返済予定金額を把握することができます。変動金利の場合には、金利が変動することになるので、場合によっては、返済金額が大きくなってしまうこともあるので注意が必要になります。

不動産を借りる際に必要な初期費用

不動産を借りる場合、初期費用がかなり掛かるので、しっかりと資金を準備しておくことが必要になります。賃貸をする際に必要な初期費用としては、敷金や礼金、仲介業者に支払う手数料、引っ越し費用や初めの月の家賃などがあり、家賃額の数倍の資金が必要になります。また、新生活を始めることになる場合には、生活に必要な家具や家電なども一式準備しておくことが必要になるので、不動産賃貸を考えている人は事前にかなりお金を貯めておくことが重要になります。

↑PAGE TOP