不動産の所得控除

不動産所得における節税

不動産経営時の所得税の節税方法

個人で不動産経営を行っている場合、その収益には所得税が課されますが、少しでも節税したいというのが人情というものです。どのような方法があるのでしょうか。まずは税務署に開業届を提出して、個人事業主としての届出をしておきます。その上で青色申告の申請を行えば、青色での確定申告が可能になります。こうすることによって、青色申告特別控除を受けることが出来、最大で65万円の所得控除を受けることが可能になります。不動産所得は経費が少ないケースもあるので、これは無視できません。記帳義務が発生しますが、会計ソフトなどを利用すれば難しくはありません。

不動産所得の所得税の確定申告

個人が土地や建物を賃貸したときに得る所得には所得税が課税されます。所得と言うのは、賃貸している不動産に係る収入金額から経費を差し引いた金額のことを言います。前年の1月1日から12月31日までの収入と経費で、前年に金額の確定している金額で計算します。これを不動産所得と言います。他に所得があれば合算して合計所得金額を算出します。ここから申告者個人の扶養している人数や保険料などの事情により、決められた金額を差し引きます。これを課税所得金額と言います。これに税率を乗じて所得税を計算し翌年3月15日までに申告し納付します。

↑PAGE TOP