地上権についての説明

地上権という権利について

地上権と借地権は異なります。

地上権というのは、工作物を所有するために他人の土地を使用する土地に対する権利です。同じ目的は、賃借権でも実現できます。どちらも借地権ということばでまとめることができますが、一般に借地権というと賃借権を差します。これは、地上権は賃借権より使う側の権利が強く、地主にとって不利になるため設定するケースが少ないからです。賃借権は、地主という人に対する権利で、登記されることは少なく、地主の承諾なく他の人に貸せません。

↑PAGE TOP